ジムに通い始める時に最低限必要なもの

必要最低限だけの物をそろえよう

 

新品を買わない方が良い理由

何を始めるのでもそうなのですが、英会話などもCDや参考書などそろえるだけで勉強した気になりませんか?ジムに通うことも同じです。本当は通って、トレーニングをしてはじめて目標に近づくことができるのですが、物を買いそろえることでは目的を達成できません。もちろん人によっては自分を追い込むためにも「買い揃えてしまおう!」という人も居るかもしれません。もし、金銭的余裕があるのであれば、なおさら新しい物は買わずに、今ある物を使いまわすことをおすすめします。

最初のコストは可能な限り抑えよう

今までの物を使いまわすことで最初の出費が抑えられます。出費が抑えられた分は是非、ジムの会費に充ててください。考えれば分かりますが、ジムに通い続けて運動することで本来の目標(=痩せる)近づくことができるのです。以下はジムに通うための必要最低限のアイテムです。適当な物が無い場合には買い足す必要があるので、理由とともにおすすめを書いておきます。

シューズ

 

running-shoe-423164_640

ほとんどのジムではジムエリア内はスポーツシューズを履くことが義務付けられています。革靴やハイヒールはNGでジム専用のシューズを用意する必要があります。新しく購入するのであれば、軽くてコンパクトになるものを選びましょう。ジムに通い始めると分かるのですが、シューズが一番大きい荷物となります。おすすめはナイキやアディダスから販売されているかかとが潰せるシューズです。

ウェア

active-84646_640

ジムエリアは冬でも半袖・短パンで過ごせる暖かさがあります。最初のうちはTシャツやユニクロの短パンでも構いません。もし新しく買う場合は速乾性のウェアが良いです。冬でも夏でも選択してすぐに乾きますし、エアロビなど大量に汗をかく場合は体にまとわりつきません。メーカーは好みですがジムで人気なのはナイキやアディダス・アンダーアーマーなどです。

ソックス

靴下を持っていないという人はいないと思いますが、あれば便利なのはショート丈の薄手の靴下です。これを忘れてしまうと、通勤用のクロの靴下に短パン・シューズと情けない恰好になってしまいます。とにかく身に着けるものは薄手の物が良いです。汗をかいて洗濯するの乾くのが早い方が、自分や奥さんの為にも良いと思います。

タオル

これは大丈夫ですね?出来るだけスポーツタオルではなくて薄手の物を使うようにしてください。

イヤホン

これも大体の人が通勤・通学で音楽を聴いているのでもっていますね?なぜイヤホンが必要かというとジムエリアにはランニングマシンやエアロバイクなどがあり、殆どのマシンにテレビが付いています。30-60分やる時にテレビをみたり音楽を聴きながらの方が楽に続けられます。また自分でiPodなどを持ち込んでお気に入りの曲を聴きながらトレーニングするのもOKです。

その他

  • シャンプー・リンス : ジム備え付けのものがありますが質は良くないです
  • ビニール袋 : 濡れたものを入れます
  • バスタオル : タオルでは拭いた気にならないという人は
  • : 給水器が嫌という人は
  • 下着 : お風呂の後は新しいものがいいですね
  • バック : 今までの通勤・通学用では小さいかも知れません

荷物は出来るだけ小さい方が良い

いつも自宅から荷物を持ってジムに行けるなら問題ないですが、多くの人は通勤や通学の延長線上に通うことになります。その際、絶対荷物は軽くコンパクトな方が良いです。荷物が大きくて持って行きたくないという理由でジムから足が遠のくことも多々あります。できるだけ自分がトレーニング以外の事を理由にジム通いを辞めないようにしましょう。

この話で分かったこと

  • 使えるものはそのまま使う
  • シューズは軽くてコンパクトなものを
  • ソックスは薄手のショート丈
  • イヤホンで好きな音楽を聴きながらトレーニング
  • 荷物は軽くコンパクトに

この話に関係するリンク

なし

コメント