メスティンが黒くなるのを防ぐシーズニングについて解説

シーズニングについて解説

メスティンを買ったら最初に「バリ取り」をおこなって、次にシーズニングをしておくことをおススメします。シーズニングとは、アルミ製のメスティンは、使っているうちに黄変したり、白濁したり、黒ずんできたりすることがあります。これを絶対ゼロにすることは出来ないのですが、シーズニングをすることである程度の黒ずみを防止することができます。

手をケガしないようにメスティンのバリ取り作業を詳しく解説
メスティンのバリ取り作業を詳しく解説メスティンを購入して、まず初めにしなければならないのは「バリ取り」作業です。面倒だと思うかもしれませんが、フタを開けて良く見てみてください。何か縁がささくれ立っているのが分かるかと思います。これを「バリ」

準備するもの

  • メスティンが入る大きな鍋
  • お米のとぎ汁
  • トング

お米のとぎ汁を沸騰させる

シーズニングのやり方は、まずお米のとぎ汁をメスティンがすっぽり入るサイズの鍋に8分目まで入れて、沸騰させます。お米のとぎ汁は砥ぐ際に何回か水を入れ替えると思いますので1合や2号分でも十分に溜まると思います。

沸騰したら鍋に入れる

お米のとぎ汁が沸騰したら一旦火を止めて、火傷に注意しながらトングを使ってゆっくりと沈めていきます。その際、メスティンに付属している持ち手は外しておきましょう。しっかり沈めたら再度火をつけて中火で15分ほど煮立たてます。吹きこぼれないように注意します。

水洗いし、よく乾燥させましょう

15分程煮立たせたら火を止めます。火傷に注意しながら鍋からトングを使って取り出し、水道の水で冷やしてから洗っていきます。その際、お米のとぎ汁のぬめりが付いていますが、中性洗剤は使わずにしっかりと水洗いをしていきます。ここで洗剤を使ってしまうとせっかく付けた被膜が取れてしまいます。そして乾いた布やふきんで水気をとります。

これで買ったらすぐにやりたいメンテナンスは終了となります。これから実際にメスティンを使って調理をしていくのですが、まずは「ご飯を炊く」という、一番簡単で楽しめる調理に挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメント