過去と未来の会話

日記-白川公園-0308 日々の出来事
スポンサーリンク

お正月には皆んな実家に帰ることが多いと思う。久しぶりに会う家族に今年一年あった出来事を話し、昔話に花が咲く。あと時、こうだったとか、こんなことあったよねとか…。

で、今日はどんな日だった?

昔話は誰とでもできる。家族や友人と過去に起こった出来事について、懐かしみ、笑うことが出来る。でも、未来の…これから起こる…起こそうと思う話しは恋人としか出来ない。そんなことを思った1日だった。

今誰といると楽しいか?というのがいちばん優先すべきことであって、将来のことを考えると、「この人と居るのが得策」という考えは見透かせてしまう。

自分は単純に好きだと思う人とその瞬間居たいし、2人で一緒に作るミライを語りたい。せっかく生きているのだし、出来れば楽しいと思える時間を増やしたい。

思うのだけど…好きな人がそうあって欲しい。そういう時間を増やして欲しいと思うのが本当であって、そこには「自分と一緒に」という枕詞は付かないのだよね。そりゃ、自分とだったら1番嬉しい。でも、自分とではなくても、仮にそうでなくても好きな人が幸せな時間を過ごしてくれたらそれが1番だと思う。

日々の出来事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事の内容がいいなと思ったらシェアをお願いします
Do You Know?のフォローをお願いします。
Do You Know?

コメント

タイトルとURLをコピーしました