数か月、数年後に後悔しないように

日々の出来事
スポンサーリンク

月日流れるのは早いものでもう名古屋に来て3年が過ぎました。最初の2年半はつまらない生活を送ってきたけど、ここ最近は知り合いも増えて、少しは充実した日々を過ごせているのではないかな?と思っています。

で、今日はどんな日だった?

会社勤めに転勤はつきもので、自分もいつかはこの場所を離れなくてはならない時がくるかも知れません。それが地元なのかもっと地方なのかは分からないけど・・・。3年というのは普通の会社でも一区切りみたいなところがあって、もしこのタイミングで異動を言い渡されたらどうするのかな?と考えることが最近しばしばあります。

誰かに相談したところで、止められるはずもなく、本気で寂しがられることもなく、「自分の人生だから自分で決めなよ」と言われるのがオチなのだろうなと、容易に想像がつくとしても寂しい気持ちは残ります。充実した生活が送れているのなら尚更のことです。

所詮、日本国内の異動だから、海外勤務になるよりは、いつでも会おうと思えばあるのだけど、距離が離れていくことによって、だんだんと疎遠になっていくことは確実だし、やがて連絡も途絶えてしまうのだろうなぁと思います。実際に東京で飲み歩いていた友人とは連絡しあわなくなっているし、東京で行われる大きな忘年会や新年会にも声をかけてもらうことが無くなりました。

以前書いた「クラッシュアンドビルド」の話と一緒で、何かが無くなれば、そこに新しい何かが入ってくると分かっているのだけど、2年半をかけ、やっと埋まったスペースが、またポッカリ空いてしまうのか?と考えるとやるせない思いもあります。

ダーウィンの進化論ごとく「変化しないものは生きていけない」目まぐるしく変わっていくこの世の中に適合しついていくには、日々変化をしていかないといけないということは理解しているのだけど、自分の年齢くらいになるとそれも結構大変だなと思うのです。

多分、今自分にできることは、今日、この瞬間を一生懸命に楽しんでおくことだと思います。「ああすれば良かった」「もっとたくさん笑ったり、話したりすれば良かった」と、数か月後、数年後、離れてしまった時後悔しないように、「やりきる」ことなのかなと思っています。

日々の出来事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
記事の内容がいいなと思ったらシェアをお願いします
Do You Know?のフォローをお願いします。
Do You Know?

コメント

タイトルとURLをコピーしました