一人暮らしの知恵|食費を抑えるコツは何だろう?

食べずには生きていけないけど、できるだけ抑えたい項目

 

コントロールしやすいのは食費

butter-596296_640

一人暮らしを始めるとだんだん分かってくると思いますが、お金があれよあれよと飛んで無くなって行きます。いままで実家にお世話になっていたのなら尚更強く感じると思います。家の中にあるものは基本的に全て買ってきたもので、細かい事をいうとチューブのワサビや七味唐辛子、マーガリンだって家の方が買ってきてくれたのでそこにあったわけです。それを今までは当然のように使っていたわけですが、一人暮らしを始めると全てを自分で買い揃えることになります。

1つは小さな金額。だけどバカにならない

Goodyも最初に一人暮らしを始めた時はお金がどんどん無くなってしまうことにビックリしました。給料をもらって2週間程で全てのお金が無くなってしまい、上司のお弁当を分けてもらって食いつないだりしました。掛かるお金の中で一番コントロールできるのは実は食費で、それ以外の固定費用(家賃・電気・ガス・水道・携帯)などは節約しようと思ってもなかなか出来ないし、効果が非常に小さいです。よって変動費用(食費・交際費・趣味・嗜好費)を節約することが効果あります。

食費を減らしてインパクトを受けるのは自分だけ

他の変動費用を減らすと友人や周囲の人に影響を及ぼしますが、食費であればほぼ自分へのインパクトのみになります。ではどうやって減らすのか?というところですが、基本は自炊が一番良いと思います。但し、本格的に家でやる料理はあまり自分の経験からするとおすすめしません。なぜなら結構無駄が出てしまうからです。

外食を減らすだけで充分効果が出る

restaurant-727992_640

食費を減らそうとして自炊を頑張ろうと思う人がいますが、Goodyは一人暮らし一年生の頃はそうでした。スーパーで肉や野菜を買って、ご飯を炊いてみたいな事をやっていましたが、往々にしてあったのがせっかく買った食材の賞味期限が過ぎたり、腐ってしまったりすることがありました。また、同じメニューが続いてしまう(3日間カレー・4日間豚汁など)と、だんだん気持ちも疲弊していきました。

おすすめは外食を極力減らすということです。朝は食パンとヨーグルト、夜はお惣菜とおにぎりなど、夕食分は当日食べきってしまう量を当日にスーパーで買って食べることで大分食費を抑えられます。また、昼食もコンビニ弁当や外食せずにスーパーで買ったものを家から持っていくと節約できます。

ちょっと色々面倒だな?と思ったら

夕食の分を買いだめしておくのを止めるだけでも効果があります。夕食は自分の仕事の進み具合や急な誘いなどによって大きく変わってきてしまいます。ここで多くの食材をロスする可能性が高いので、夕食分は食べるだけを当日購入するようにしましょう。

この話で分かったこと

  • 節約コントロールしやすいのは食費
  • 食材ひとつの金額は安いがバカにならない
  • 食費を減らしても影響を受けるのは自分だけ
  • 自炊は良いが一人暮らしは無駄が多くでる
  • 同じメニューが続くと疲弊してくる
  • 朝・昼はスーパーで買ったものを食べる
  • 面倒なら、夕食だけを当日買うようにする

この話に関係するリンク

なし

コメント