「休日+ヒマ=お城」 という単身赴任方程式

地方に転勤すると東京に帰らない土日はヒマを持て余すことが多く、ごろごろしてしまうことが多いのだけど、それが1週間・2週間と続くことで「いい加減どっか行くか?」という気持ちになる。

地方で出掛けるところなんてたかが知れている。東京で家族と一緒に住んでいるときは用事を言付けられたり、買い出しに行ったり、ショッピングモールに出掛けたりであっという間に週末は過ぎ去っていく。でも単身赴任生活は大量の買い物は必要ないし、毎週のように服を買う必要もない。

で、だいたいはお城でも行ってみるか?ということになりがち。というのもどんな地域で単身赴任になってもだいたいお城がある。しかし自分は全く歴史に興味がない。時代劇とか大河ドラマも見ないし、どちらかというと洋画やドラマを観る方が好きだ。

「でも、やることもないし行ってみるか?」となる。

 

このお城は清州城。そもそも興味のない自分は感動もなく、天守閣にも登らず、くるっと一周して・・・

「城だね・・・」

という感想しか無く、滞在時間は10分少々で退散。単身赴任も半年以上経過して、その後も名古屋城・犬山城と行ってみたけど特に感動も無く、お城めぐりは自分には合わないです。城めぐりは単身赴任の誰しもが経験する登竜門。歴史好きなら嬉しいことかもしれませんね。

コメント